トップページ > Q&A > 成年後見制度―後見人の仕事―

Q&A

<< 前のページに戻る

成年後見制度―後見人の仕事―

認知症を患い、物事の判断ができなくなった父親のため長男の私が成年後見人に選任されました。息子として父親の面倒を看ることと成年後見人の仕事とはどの様な違いがあるのでしょうか。また、どのような場面で使い分けをする必要があるのでしょうか説明してください。

高齢化社会をサポート

後見人の仕事は被後見人の治療・介護契約の締結や財産の管理などが代表的なものです。

例えば、お父様が病院に入院する場合の契約は入院費用等お金に関係する事がありますので後見人の仕事ですが、看病や介護をする事や治療・手術の承諾は質問者である息子さんや家族の立場ですることで後見人の仕事ではありません。預金については、お父様の預金をお父様の介護費用として引き出したり、解約したりするには息子や家族という立場では金融機関は応じてもらえませんが、

後見人の立場で請求すれば応じてもらえます。契約の締結・取消しといった行為は後見人の仕事であるとご理解ください。後見人は被後見人の収入・支出を家族を含めた第三者と区別し、金銭出納長等で記録・管理しなければなりません。したがって食費等も相談者とお父様のものは区別する必要があります。息子だからといって自分の生活費や面倒を見ているからと自分で報酬を決めてお父様の預金から使うことも許されません。

後見人の行ったことは家庭裁判所へ報告しなければならない「仕事」とお考え下さい。なお、後見人として仕事をする場合は後見人である事の証明書を求められますので、法務局発行の登記事項証明書の交付を受けておくことをお勧めします。( 全ての法務局で発行されていませんので事前にご確認下さい。)

後見人の仕事の内容について疑問がある場合は家庭裁判所にお尋ねになれば教えてもらえますし、お近くの司法書士にご相談下さい。


ページトップへ