トップページ > 岐阜県司法書士会について > 会長挨拶

岐阜県司法書士会について

<< 岐阜県司法書士会についてトップへ戻る

会長挨拶

司法書士 -身近な法律家-

岐阜県司法書士会のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
平成29年度の定時総会において、会長に就任いたしました今井万寿之と申します。

私たち司法書士の使命は、市民の皆様の権利擁護と公正な社会の実現にあります。司法書士制度は、明治5年に制定され、140年以上の歴史の中で、土地や建物の売買、相続等の不動産登記手続や会社法人の設立等の商業法人登記手続、さらには裁判所への提出書類の作成業務を通して、皆様の権利や財産を保護してまいりました。

平成15年からは、簡易裁判所での民事訴訟手続の代理権が付与され、多重債務問題をはじめ消費者問題や身近な法的問題の解決の支援者としての役割も果たしています。

また、成年後見制度の中で、後見人等として司法書士が高齢者や障がいのある方たちに寄り添い支援をしていくことなどで、皆様の身近な暮らしの中の法律家としての役割を果たしております。

法律は暮らしに欠かせないものです。司法書士は日々研鑽を積み、多様なニーズに対応できるように、法律家として丁寧な業務に努めています。

今大きな社会問題となっている空き家問題、所在者不明土地問題、相続登記未了問題など司法書士に対する役割は、時代の変化と共に果たさねばならない広がりを見せています。

これからも身近な法的問題の解決の支援者としての役割を果たすことができるよう研鑽を続けてまいります。困ったときは、是非司法書士をご活用下さい。

岐阜県司法書士会
会長 今井 万寿之


ページトップへ