トップページ > Q&A > 相続発生後の家賃収入は誰のもの

Q&A

<< 前のページに戻る

相続発生後の家賃収入は誰のもの

先日、父が他界しました。父は、アパート経営をしており家賃収入で生活をしていました。父が亡くなった後に発生した家賃収入は、遺産分割でアパートを相続することになった相続人が当然に取得することになるのでしょうか。

遺産分割が確定するまでは法定相続分で分けられます

相続開始から遺産分割協議が成立するまでに、時間がかかる場合があります。遺産にアパートや貸家などの収益物件がある場合は、その間も、家賃収入が発生します。この家賃収入は、アパート等を相続することになった人が、相続時に遡って取得するのか、それとも遺産分割までの間は、法定相続分で各相続人が取得するのかという問題が出てきます。

まず、遺産分割によって、特定の相続人がアパートを取得することが決定した以後の家賃については、その相続人が取得することになります。問題は、お父様が亡くなってから遺産分割が成立するまでに発生した家賃ですが、これにつきましては、「遺産は、相続人が複数いるときは、相続開始から遺産分割までの間、相続人全員の共有の状態にあるのだから、その間に発生した賃料債権は遺産とは別個の財産というべきであって、各相続人がその相続分に応じてそれぞれ単独で取得するものであり、後にされた遺産分割の影響を受けない。したがって、相続開始から遺産分割が確定するまでの間に不動産から生じた賃料債権は、各相続人がその相続分に応じて分割単独債権として取得したものであり、これを前提として清算されるべきである(最高裁判決平成17年9月8日)」と最高裁判所で判決が下されています。よって、アパート等の家賃収入は、相続開始から遺産分割確定までは、すべての相続人に、「法定相続分」で分けられるということになります。


ページトップへ