トップページ > Q&A > 特定調停手続

Q&A

<< 前のページに戻る

特定調停手続

私は現在、消費者金融5社から約250万円の借金があり、約5年前から取引をしています。支払いが厳しいので、債務整理を考えており、特定調停手続という手続があることを知りましたが、どのような手続ですか?

裁判所を通じて支払方法を定める手続

特定調停手続とは、支払不能に陥るおそれのある債務者とその債権者との間で、借金の返済方法などを改めて話し合って合意し、債務者の経済的再生を図るための手続です。

特定調停手続は、原則として、債権者の営業所又は事務所の所在地を管轄する簡易裁判所に申立てを行い(申立書は、各簡易裁判所で手に入れることができます)、申立てにより裁判所が両当事者を呼び出し、調停期日において調停委員が交互に当事者の言い分を聞き、話合いがまとまれば、調停調書という調停で決定した事項について記載された書類を作成して終了、という流れで進んでいきます。

特定調停手続のメリットとしては、①申立てにより、債権者からの督促・取立行為が制限されること、②借入先が消費者金融の場合、法定利率に引き直す計算や債権者との交渉を調停委員が行ってくれるので、本人で簡易に行うことができること、③申立費用も低廉で済むこと、などが挙げられます。

デメリットとしては、①消費者金融や信販会社が加盟している信用情報機関に、特定調停を申立てた旨が掲載され、一定期間新たに借入れやローンが組めなくなることがあること、②調停調書は、判決と同じ効力があるので、支払いが滞った場合、債権者が強制執行を行う可能性があること、などが挙げられます。


ページトップへ