トップページ > Q&A > 破産手続

Q&A

<< 前のページに戻る

破産手続

私は、現在約450万円の借金を抱えており、私の給料では、とても支払っていける状況ではありません。法律相談に行って、現状を話したところ、破産手続を勧められました。破産手続は、どのような手続でしょうか?

借金の支払義務を免除してもらう手続

破産手続は、債務者が支払不能に陥った場合に、債務者の財産を債権者に対して適正・公平に清算するとともに、債務者について経済生活の再生の機会を確保する制度です。破産手続開始の申立てをした者は、原則として同時に免責許可の申立てがあったとみなされ、免責の許可が確定することによって、借金の支払義務から免れることになります。

大まかな流れですが、まず、原則として、債務者本人の住所地又は居所を管轄する地方裁判所に対して申立書を提出し、裁判所での審理の結果、支払不能であると判断されれば、破産手続開始決定がなされます。ここで、高価な財産を持っている場合は、破産管財人が選任され、破産管財人が財産を換価して債権者に公平に配当する手続が行われる可能性があります。一方、配当できるような財産を持っていない場合は、破産手続開始と同時に手続が終了します(これを同時廃止手続と言います)。破産手続終了後、免責についての裁判が行われ、免責不許可事由(例えば、借金を作った大半がギャンブルや浪費など)に該当しない場合には免責を許可し、免責許可が確定して、借金の支払義務が免除されます。

破産手続のメリットとしては、免責の許可を得ることで借金の支払義務を免れることができることですが、デメリットとしては、①財産価値の高い物は処分される可能性があること、②信用情報機関に破産情報が登録されるので、借入れやクレジットの利用が一定期間できなくなる可能性があること、③免責許可が確定するまで資格制限を受ける職業があること、などが挙げられます。


ページトップへ