トップページ > Q&A > 借金整理の方法

Q&A

<< 前のページに戻る

借金整理の方法

私は、現在約500万円の借金があり、支払いが厳しい状態です。借金を整理したいと考えているのですが、借金整理の方法は、どのような手続きがありますか?

任意整理・特定調停・個人民事再生・破産の4つがある

借金整理の方法としては、任意整理手続、特定調停手続、個人民事再生手続、破産手続の四つがあります。以下、簡単ですが、各々の手続について説明します。

①任意整理手続
任意整理手続は、貸金業者と債務者との間で、分割払いの和解契約を締結する手続です。ただ、本人による交渉ですと、不利な条件での和解になる可能性が高いので、弁護士や司法書士の専門家に依頼された方がよいでしょう。

②特定調停手続
特定調停手続とは、裁判所を通じて、分割払いの話し合いをする手続です。この手続は、申立費用も低廉で、裁判所が手続を進めてくれますので、専門家に依頼をしなくても、本人だけでも手続の遂行は可能です。

③個人民事再生手続
個人民事再生手続は、継続的に又は反復して収入を得る見込みがあり、借金が5000万円以下の者が利用できる手続で、借金のうち大幅に減額した額を、原則3年で支払う計画案を作成し、裁判所に認可を求めることになります。

④破産手続
破産手続は、支払不能に陥った時に、裁判所に申立てを行い、借金の支払義務を免除してもらう手続です。破産手続が開始し、終了するだけでは、免除にはならず、免責許可の決定が下りて、初めて支払義務が免除になります。ただ、借金を作った原因の大半が、ギャンブルや浪費の場合は、免責許可が下りない可能性があります。

以上、各々の手続の簡単な説明をしましたが、手続によってメリット・デメリットはありますし、本人の収入や家族構成や財産状況、また借入先やその借入先との取引期間など総合的に判断して手続を選択された方がよいでしょう。


ページトップへ