トップページ > Q&A > 個人民事再生手続

Q&A

<< 前のページに戻る

個人民事再生手続

私は、現在多額の借金があり、支払いが厳しい状態です。少しでも返済を楽にしたいと債務整理手続を考えており、その中で、個人民事再生手続があるということを知りました。どのような手続ですか?

借金を大幅に減額して支払っていく手続

個人民事再生手続は、裁判所に申立てを行い、総借金額(住宅ローン等を除く総額が5000万円以下の場合に限る)を大幅に減額し、その額を原則3年間で分割弁済する手続です。

個人民事再生手続には、主にサラリーマンや公務員を対象とした給与所得者等再生と他に個人事業者を対象とした小規模個人再生の二つがあります。

住宅ローンがある場合は「住宅資金特別条項」を定めて返済していくことで住宅を失わずに済みます。

この手続の特徴は、借金を大幅に減額できることです。どのくらいの額まで減額になるかというと、総借金額(住宅ローン等を除く)が100万円以上500万円以下の場合は100万円まで、500万円を超え1500万円以下の場合は総額の5分の1まで、1500万円を超え3000万円以下の場合は300万円まで、3000万円を超え5000万円以下の場合は総額の10分の1まで減額できる可能性があります。例えば、借金の総額が450万円の場合、100万円まで減額になる可能性がありますので、住宅ローンを抱えている方は住宅ローン以外の借金が減額になるので支払いが楽になります。

但し、必ずしも上記のように減額できるわけではなく、所有財産の総額の方が多いなら財産の総額を、給与所得者等再生の場合は、更に2年分の可処分所得(収入から所得税・住民税・保険料・最低生活費を控除した額)を比べて、3つのうち多い額の方を支払っていくことになりますので、注意が必要です。


ページトップへ