トップページ > Q&A > 貸主の倒産

Q&A

<< 前のページに戻る

貸主の倒産

私が借金をした会社が倒産したらしいとの話を聞きました。返済の途中ですが、このまま払い続ければいいのでしょうか?また、何かしなければならないのでしょうか?

まずは法的に有効な借入残高を確かめましょう

借主が資金の不足などのために破産の手続きを取ることがあるように、お金の貸主が資金繰りに困り倒産する場合もあります。最近も、消費者金融業者が民事再生という手続きを裁判所に申立てをしました。

民事再生手続きは倒産手続きの一つで、裁判所の管理のもとで再建を目指す手続きです。

会社は、再生手続きが開始された後も制限はありますが、業務を遂行し、財産を管理、処分できますので、再生手続きの開始は借主の債務が免除されるということではありません。債務が残っている場合は支払っていかなければなりません。

ただし、利息制限法で定められた利息を超えた金利で借入をしている場合には、注意が必要です。

利息制限法を超えた利息は無効ですので、有効な借入残高を把握して、余分に返済しないことが重要です。そのためには契約当初からの取引経過を調べ、利息制限法に適合した計算に引き直す必要があります。過去の取引の経過がわからない場合は、会社から取引明細を送ってもらうこともできます。

なお、再計算した結果、利息を払い過ぎている場合があります。その場合は返還の請求ができます。ただし、民事再生手続き中の会社では、全額の返還を受けることは難しい場合が多くあります。


ページトップへ