トップページ > Q&A > 貸金の回収

Q&A

<< 前のページに戻る

貸金の回収

私は友人に30万円貸しています。支払期限も過ぎており、何回催促しても支払ってくれず内容証明郵便で催促しても駄目でした。訴訟を提起しようと考えているのですが、他の友人から「簡単で速く回収できる手続として支払督促がある」と聞きました。支払督促とはどのような手続ですか?

簡易・迅速な手続として「支払督促」を利用

「支払督促」は金銭の支払いや有価証券の引渡しを求める者が、裁判所から相手方に対して支払いや引渡しを命令してもらう手続です。

この手続の利点は、申立手数料が訴訟手数料の半分で済み、手続にかかる費用が安いこと。訴訟のように法廷に呼び出されたり、証拠の提出はなく裁判所書記官の書面審査だけで支払督促が発せられ、手続がスムーズに進めば約1ヶ月程で強制執行が可能になるので回収まで時間がかからない、といったことが挙げられます。

支払督促を申立てるには、①金銭その他の代替物又は有価証券の一定数量の給付を目的とすること、②相手方に送達できること(行方不明でない)といった要件を満たすことが必要です。

手続の流れは、まず相手方の住所地を管轄する簡易裁判所の書記官へ支払督促申立書を提出し、書類等に不備がなければ支払督促が発せられます。そして相手方に支払督促正本が送達され、送達の翌日から2週間以内に相手方から異議の申立てがなければ、2週間経過日の翌日から30日以内に仮執行宣言の申立てを行って下さい。申立てを行い、仮執行宣言付支払督促正本が相手方に送達されると強制執行が可能です。

但し、支払督促正本送達後又は仮執行宣言付支払督促正本送達後2週間以内に相手方から異議の申立てがあると通常の訴訟手続に移行し、回収まで時間がかかることもありますので、証拠等が揃っており債務の存在や額に争いがないケースに利用するのがいいのではないかと思います。


ページトップへ